TOP > Career > 【前編】シティフットボールグループの求人情報から見えるトップレベルで働くための4つの力 【前編】シティフットボールグループの求人..
Career
掲載日:2023.3.2
最終更新日:2023.10.17
【前編】シティフットボールグループの求人情報から見えるトップレベルで働くための4つの力
現役アスリート、引退したアスリートの方々の中には将来スポーツクラブの中でスタッフとして働きたいと考えている人も多いのではないでしょうか?この記事ではサッカープレミアリーグ王者のマンチェスターシティを筆頭に10つのクラブを持つシティグループのスタッフ求人情報を見ながら、スポーツ業界のトップレベルで働くために必要なこと、そしてその高みに挑戦するためには今の環境でどうしていくと良いのかを紹介していきます。
シェアする
writer:Yuya Karube
急成長を遂げたシティフットボールグループとは

シティフットボールグルー(以下CFG)は、イギリスで実施された「働きがいのある職場ランキング」で2016年、2017年とトップ30入りを果たしています。セールスフォースやAdobe、マクドナルド、ヒルトン、KFCなどの名だたる企業と、サッカーチームの運営母体が肩を並べているのは少し想像がつかないことではないでしょうか?

 

CFGは2013年に設立された法人であり、アカデミーの運営や投資活動、そして10のサッカークラブを所有しています。グループの総売り上げは約1000億円)、従業員数は約500名(2021年-2022年当時)となっています。

(Manchester City, New York City FC, Melbourne City FC, Yokohoma F. Marinerios, Montevideo City Torque, Girona FC, Sichuan Jiuniu, Mumbai City FC, Esperance Sportive Troyes Aube Champagne (ESTAC), Club Bolivar)

CFGの目標は「魅力的なサッカーをプレーし、情熱的なファンのコミュニティを魅了し、ユニークであり、それでいてグローバルかつローカルなアプローチを採用する」こと。ひとつのスポーツクラブを運営することに留まらずディズニーのような世界的エンターテイメント企業を目指しています。

 

CFGはサッカー業界がより「ビジネスとして持続可能性があるもの」に向かっていかなければいけないことを察知し、大きな投資を使ってクラブ運営をグローバルかつローカルに、そしてプロフェッショナルにしています。もちろん働く人もプロフェッショナル。彼らの採用情報を見ていくと、「最高水準」「ベストプラクティス」という言葉が何度も出てくることがわかります。

 

余談ですが、今日ご紹介するCFGのジョブディスクリプションは表現や明瞭さなどのクオリティもトップクラスであると感じました。

CFGの求める人材が持つべき力とは:①戦略遂行能力

CFGの公開されているすべてのジョブディスクリプションを見ると、4つの力が特にフューチャーされていることがわかります。それは「最高水準を追い求める力」「戦略遂行能力」「仮説検証能力」「コミュニティをリードする力」です。

 

これらはスポーツ業界に限らず求められるものかもしれませんが、CFG、ひいてはスポーツの世界ではどのように捉えられているのでしょうか?

 

■ 戦略遂行能力

CFGでは全体の方針や戦略をとても重要視しており、プログラムやポリシー、哲学などに沿って組織全体として一貫した仕事をすることを強く求められています。これはグループの経営に必要不可欠な職種だけが求められているのではなく、フォトグラファーやコーチ(もちろんとても重要な役割です。)にも言えることです。

例としてドバイで募集されているコーチの求人情報を見てみましょう。(※求人情報は変更・募集終了している可能性があります。)

————————————————————————————————————————

【基本情報】

  • 役割の名前:コーチ(Coach)
  • 部門:サッカー教育(Football Education)

【目的】

  • アラブ首長国連邦のすべてのサッカー教育プログラムを指導し、提供する (関連する場合は国際的に)。

【責務】

  1. シティ・フットボール・グループのコーチング哲学、方法論、原則がすべてプログラムに組み込まれていることを確認する。
  2. プログラム実施前、実施中、実施後のリードスタッフをサポートする。
  3. 提供前、提供中、提供後のリードスタッフをサポートする。
  4. プロジェクトが要求されるレベルや期待に沿うように、個人として、またチームの一員として協力すること
  5. シティ・フットボール中東支社をサポートし、ローカルおよび地域の活性化を図る。
  6. マンチェスター・シティを代表する水準のコーチングプログラムを企画、構成、提供すること。
  7. フィールド内外の環境において常にプロフェッショナルな行動を維持すること。

【不可欠な知識・スキル・経験】

  • FAレベル2以上
  • コーチライセンスまたは同等の国際ライセンスを保持するFAのメンバーであること
  • スポーツコーチングまたは指導に関する教育を受けていること
  • セーフガードに関するトレーニング(FAセーフガードチルドレンワークショップなど)を受けていること、または早期に取得すること。
  • 適切なレベルのDBSチェック(イギリスの無犯罪証明書の制度)を受け、マンチェスター・シティのセーフガーディング・オフィサーから承認を受けること。
  • 国内外を問わず、サッカー環境での経験があること。
  • 様々な背景や文化を持つ選手と仕事をした経験があること。
  • サッカーコーチングシラバスの実施と開発の経験があること。
  • プログラムの計画、実施、レビューの経験と知識を有すること。
  • 選手育成と4コーナーモデルに関する知識と理解を有すること。
  • プロサッカークラブやスポーツ団体での勤務経験があること
  • 英国内外のプロジェクトをサポートするために必要な出張に柔軟に対応できること
  • マンチェスター・シティと地元のパートナーを代表するような、前向きな職場環境を作ることができること。
  • 様々なレベルのプレーヤーを指導し、育成することができる。
  • フィールド内外で、また非公式、公式、個人、グループなど様々な場面で選手とコミュニケーションをとること。
  • プロジェクトにおいて計画、準備、実行を組織的に行う
  • 個々の選手とのセッションを自己評価する
  • 完成したプログラムを評価し、見直す能力

————————————————————————————————————————

ご覧のように、イギリスから離れたドバイでのコーチであってもそのプログラムの中にはCFGのポリシーや哲学を入れ込み、浸透させることを強く求められています。

また、フォトグラファーリーダーのジョブディスクリプションでもコーチと同様に全体を一貫させた行動を責務として設定し、実現させることを求めています。

【フォトグラファーリーダーの責務】

  • マンチェスター・シティの写真作品をデザインし、クラブの編集基準やブランド価値を満たすような作品を提供する。 試合のライブ中継をサポートするフリーランスのジャーナリストを組織し、管理する。 コミュニケーション部門と協力し、外部メディアのフォトグラファーに試合へのアクセス権を付与する。
  • フォトグラフィリーダーは、マンチェスター・シティの写真専門家であり、ベストプラクティスの観点からシティ・フットボール・グループ全体のフォトグラファーをトレーニングし、外部の会議やイベントで堂々と発言できる人物である必要があります。

2つのジョブディスクリプションを見ると分かるように、CFGが急成長を遂げた要因は「組織としての戦略遂行能力にある」と言っていいでしょう。現場からの情報をグローバルに収集し、成果を上げるためにはそれぞれの役割がどのように在るべきかを定めています。

 

これによって現場は世界各地からの知識や経験を得ることができ、それぞれの地方でベストプラクティスを実施し価値を提供することができています。

 

世界各地に存在する「今はあまりうまくいってないが成功するポテンシャルを秘めたクラブ」を買い、ベストプラクティスを提供する。結果、成績を伸ばし、クラブの価値を押し上げることに成功しているのは、CFGが徹底する「組織としての戦略遂行能力」の影響であると言えます。

組織が戦略遂行能力を持つことは簡単なことではありません。一人ひとりの従業員がその重要性を理解し、小さな仕事にさえも高い意識を持つことが大切になります。そのため、CFGでは採用する役割に就く一人ひとりに戦略遂行能力を求めます。

 

このことを「堅苦しい」と感じる人もいるかもしれません。ですが、実際はむしろその逆です。方針がしっかりしていて、やってはいけないことが定義されており「あとは目的に沿っていれば好きに行動して良い」という環境が、チャレンジを促しアイデアを実現させる環境として理にかなっているといえます。

 

この戦略遂行能力はアスリート人材にとって、「他の人材との違い」を生み出せる要素であるといえます。アスリートは試合に勝つために、監督やコーチが立てた戦略を実行してきました。その戦略が上手くいかなかった場合は臨機応変に対応し、微調整しながら競技を行っています。これは日々のトレーニングから意識されていることでしょう。

 

このように、スポーツを職業とする人にとって「戦略」は当たり前に重要なことかもしれませんが、戦略を理解し遂行する能力のあるビジネスマンはそう多くありません。働く全ての人が、どれだけこの能力を重要なことと認識しているかは疑問が残るところなのです。

CFGの求める人材が持つべき力とは:②仮説検証能力

■ 仮説検証能力

2つめは仮説検証能力です。仮説検証能力とは、目的を達成するための問いに対して仮説を立ててそれを実行、そしてその仮説があっているのか間違っているのか、そこから何が言えるのか検証する力のことです。

 

実際に募集されているパフォーマンスアナリストの求人情報(※執筆当時)を見てみましょう。

—————————————————————–

【基本情報】

  • 役割の名前:パフォーマンスアナリスト(Performance Analyst)
  • レポートライン:アカデミーパフォーマンス分析リード(Academy Performance Analysis Lead)
  • 部門:マンチェスターシティアカデミー(Manchester City Academy)
  • 課:マンチェスターシティアカデミーパフォーマンス( Manchester City Academy Performance)

【目的】

  • マンチェスターシティのパフォーマンス分析とインサイト戦略は、世界をリードするチームと選手育成の決定を促進し、トレーニングとパフォーマンスにプラスの影響を与える「革新的で実用的なインサイトを継続的に作成すること」を目的としています。 これによって、サッカークラブのプロフェッショナルな開発段階、そのスタッフ、選手に対して、オーダーメイドのパフォーマンス分析サポートを直接提供できることを狙っています。

【責務】

  1. トレーニングや試合の映像、コーチの評価を通じて選手の成長を分析し、個人の育成計画や選手の進路の手助けをする。
  2. 対戦相手の試合映像を分析し、関連するコーチングスタッフに洞察を提供し、詳細なレポートと分析プレゼンテーションを作成し、ゲームプランとゲームレビューの作成を促進する。
  3. 選手個人と育成プラン(ILP)をサポートするために、技術的、戦術的なマーカーに関する統計的なインサイトを作成する。
  4. コーチングカリキュラムとクラブサッカーの方法論のニーズを満たすために、チーム、ユニット、個人レベルで、年齢や学習スタイルに適したコンテンツを作成する。
  5. 選手個人の育成データベースとプロフィールを管理し、システム全体を通して選手の追跡とベンチマーキングに使用する。
  6. トレーニング、チーム、個人のベストプラクティスビデオライブラリーの開発および管理に貢献する。
  7. 練習や意思決定に役立つデータインサイトの導入において、コーチや選手の教育や進化をサポートする。
  8. マッチデーパフォーマンス分析の提供(U19/EDS)をリードし、選手の成長のトラッキングとレポーティングをディレクションする。
  9. コーチ、練習生、フットボールインテリジェンスチームと協力し、タレント発掘とモニタリングのためのデータ駆動型手法を発展させる。
  10. クラブが合意したEPPP(イギリス出身のユース選手を育成することが目的のルール)の戦略に沿って作業を行い、PMA(人事管理の有効性分析)へのデータ入力を調整する。

【不可欠な知識・スキル・経験】

  • サッカーの戦術、ゲームマネジメント、タレントIDへの優れた理解。
  • 選手育成に特化する意欲があること
  • 4年以上のプロサッカー選手のサポート経験があり、シニアレベルまたはユースレベルで、これらの年齢層での分析が理想的であること。
  • パフォーマンス分析、スポーツ科学、および/またはコーチングの学部卒。
  • サッカーコーチング、UEFA Bライセンス、またはそれを目指していること。
  • 様々な分析ソフトウェアやプレゼンテーションの方法について高い能力を有すること。
  • 高度なコンピューター能力(MSオフィスは必須)
  • 優れたコミュニケーション能力
  • 積極的で成功への意欲がある
  • データや映像からインサイトを導き出し、直感的なレポートや魅力的でインタラクティブなコンテンツを作成できる高い能力
  • パフォーマンス分析におけるISPASレベル4認定
  • エリートユース育成環境での勤務経験

【望ましい知識・スキル・経験】

  • サッカーコーチング、UEFA Aライセンス、または取得を目指していること。
  • パフォーマンス分析、スポーツ科学、コーチングの分野で大学院を修了していること。
  • Tableauの使用に関するコンピテンシー
  • 心理学的プロファイリングと学習スタイルの使用と理解。

—————————————————————–

Tableauはデータ分析を行うためのITソリューションです。データ分析の力だけでなく、心理学的なアプローチを求めているのは非常におもしろいポイントだと感じました。

 

この求人からは、パフォーマンスアナリストに対する要求として、「対戦相手の試合映像を分析し、関連するコーチングスタッフに洞察を提供し」、「練習や意思決定に役立つデータインサイトの導入において、コーチや選手の教育や進化をサポートする。」「データや映像からインサイトを導き出し、直感的なレポートや魅力的でインタラクティブなコンテンツを作成できる高い能力」などが挙げられているのがわかります。

 

つまり、事実からインサイト(例えば、シュート数が少ないのは奪うエリアが低く、その原因はXXXにあるのではないか、などの仮説)を提供し、それを確かめチームに役立てることが求められているのです。

これは何もパフォーマンスアナリストだからというわけではありません。上で既に出ているコーチのジョブディスクリプションにおける【不可欠な知識・スキル・体験】にも、「プログラムの計画、実施、レビューの経験と知識を有すること。」と「完成したプログラムを評価し、見直す能力」というものが書かれています。

 

これはまさしく、どのようなプログラムを提供したら良いかを仮説を立てて作成し、その評価と見直して改善していくことが求められているということなのです。

 

この仮説検証能力もアスリートがビジネスマンと”違い”を作れるポイントになるはずです。アスリートは日々のトレーニングなどで「どうしたらさらに良い状態を作れるか」を考えて汗を流し、自分の現状を評価し、翌日以降改善していく機会があります。この機会を最大限に活かし、自ら考え、調べ、実行していくことで仮説検証能力をつけていくことが可能です。

前編のまとめ

前編ではCFGで求められる能力のうちの2つを見ていきました。これら2つの能力は、アスリート人材が「違い」を生み出すものです。一般的なビジネスマンはこの能力を一から身につけていかないといけませんが、アスリートは競技生活の中で培ってきたものがあります。

 

CFGのジョブディスクリプションはスポーツビジネスで働きたいと望んでいる人に、現役のうちからどのようなことを身につけるべきか、今のキャリアで何を考えるべきかのヒントを与えてくれています。

 

後編はこちらからご覧ください。

CREDIT
writer:Yuya Karube
editor : Takushi Yanagawa
シェアする

RECOMMENDおすすめ記事

  1. Special2023.3.2
    【前編】「華麗な転身なんてない、サードキャリアまでを見据えたキャリアビジョンを」アパレルの世界へ飛び
    【前編】「華麗な転身なんてない、サードキャリアまでを見据えたキャリアビジョンを」アパレル
  2. Career2023.3.2
    【後編】シティフットボールグループの求人情報から見えるトップレベルで働くための4つの力
    【後編】シティフットボールグループの求人情報から見えるトップレベルで働くための4つの力
  3. Career2023.3.1
    【前編】「17年間俺は何をしていたんだ…」 現役時代の後悔をバネに、ビジネスの世界で輝く道を進む
    【前編】「17年間俺は何をしていたんだ…」 現役時代の後悔をバネに、ビジネスの世界で輝く
  4. Learning2023.3.1
    【前編】アスリートのセカンドキャリア問題が急速に増加した理由/なぜアスリートの「セカンドキャリア問題
    【前編】アスリートのセカンドキャリア問題が急速に増加した理由/なぜアスリートの「セカンド
  5. Learning2023.3.1
    【後編】アスリートのセカンドキャリア問題が急速に増加した理由/アスリートの「キャリアトランジション」
    【後編】アスリートのセカンドキャリア問題が急速に増加した理由/アスリートの「キャリアトラ
  6. Career2023.3.1
    プロスポーツ経営20年以上の経験で見えた引退後に「引く手あまた」となるアスリートが持つ人間性とメンタ
    プロスポーツ経営20年以上の経験で見えた引退後に「引く手あまた」となるアスリートが持つ人
  7. Career2023.3.1
    アスリートから伝統工芸の道へ。杉山浩太が見つけた「新たなポジション」で活躍する方法とは。
    アスリートから伝統工芸の道へ。杉山浩太が見つけた「新たなポジション」で活躍する方法とは。
  8. Career2023.3.1
    「アスリートは努力を積み上げる天才。」奇跡の琉球アスティーダ社長の考えるアスリートのキャリアサポート
    「アスリートは努力を積み上げる天才。」奇跡の琉球アスティーダ社長の考えるアスリートのキャ
  9. Career2023.3.1
    海外で奮闘したサッカー人生と歩み始めた経営者への道。多様性の中で生きてきた男が目指す愛される会社
    海外で奮闘したサッカー人生と歩み始めた経営者への道。多様性の中で生きてきた男が目指す愛さ